限定販売

衝撃の45g! 超軽硬パターシャフトが登場
最速のしなり戻りがパッティングのショートを劇的に解消

一昔前、メタルヘッド出現時でもドライバーはもとより、全てのクラブのシャフトは、「スチール」でした。現在は、ドライバーやフェウェイウッドのシャフトは、ほぼ全てがカーボンとなり、ハイブリッドからアイアン、パターに至るまでカーボン化の波が押し寄せています。これは、カーボンの特性である「軽量化」と「トルク抑制の自由度」、「フレックス設計の自由度」「高弾性カーボンのしなり戻りの速さ=飛距離アップ」等々から必然的にカーボン化の波が押し寄せていると考えます。

㈱オリムピックは、従来のパターにおけるスチールシャフトの概念を大きく変えるカーボンシャフトを実現するべく、新しい概念のカーボン製パターシャフトを発表します。

製品の特長


■パターシャフトにもしなり戻りの速さを

㈱オリムピックは、長年の釣竿の技術の蓄積から「しなり戻り」に特化したゴルフシャフトを開発して来ました。直近のドライバーシャフト「020(赤デラ)」の大ヒットも「しなり戻り」の速さ=「飛距離アップ」がユーザーから支持されたと考えています。「パターシャフトにもしなり戻りの速さを!」を体感して頂けます。

■高硬度がもたらす高感度

パッティングは繊細さを必要とします。「感度」という角度からパターシャフトの高感度を実現するために、スチールシャフトの硬度と比較して4段階程度の硬さを実現しました。
(弊社フレックス表記)
スチールシャフト=MH→H→2H→3H→4H=020Pシャフト

■パター完成品の重量配分の見直し

パターヘッド→シャフト→グリップ の順に従来は、重→重→普通~重
だった重量配分を 重→超軽→普通~重 に変化させることにより、上記コンセプトのカップに対してショートする事象を減少させることに成功しました。

■カーボン・マテリアル

上記コンセプトの実現のためにカーボンの素材自体を見直しました。
従来のカーボンパターシャフトは、意図的にスチールに近い重量に近づけるために
細い芯金(マンドレル)に厚みがあり、高レジン、かつ低~中弾性のカーボンシート(CFPP)を
沢山積層させていました。これは有る意味、贅肉による増量をしていたと言えます。

020Pシャフトは、超薄物、低レジン、かつ中~高弾性のCFPPを積層しています。
またそのマテリアルにも拘り、宇宙船や航空機に使用されている、東レ社の
最高級カーボン・プリプレグ 「M40X」と「T1100G」をメインマテリアルに積層させ、かつトルクを抑制するために
最外層に4軸織物の「グラファイトクロスXX」を積層させています。

高弾性カーボンは、しなり戻りも速く、出来るだけカップにショートしないという
コンセプト実現に寄与しています。

■コスメティック

4軸織物カーボンが美しく見えるクリアー塗装を施し、高級感を醸し出しています。
また樹脂である塗料の量を意図的に減らし、感度アップと4軸織物の凹凸感を
見て取れるコスメティックに仕上げています。

Type Flex Weight
(g)
Torque
(deg)
Length
(inch/mm)
Tip Dia
(inch/mm)
Butt Dia
(inch/mm)
Price
(JP\)
020P-4H 4H 45 3.2 35/889 0.370/9.45 0.600/15.20 28,000

※表示の価格は税抜価格です。
※カラー/クリアーカーボン